その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾、132、相続財産評価における土地鑑定評価額の合理性(1)、2つの鑑定評価が存在、訴訟に

 今回は、相続財産評価における土地鑑定評価額の合理性について争われた判例(名古屋地裁、平成16年8月30日)を紹介する。  本判例は、不動産鑑定は一般的に客観的な根拠を有するものとして、その結果が財産評価基本通達の評価額を下回るときは、不動産鑑定評価額が「時価」に当たると判断すべきとされた事例である。 【事案の概要】  ・原告の父は平成10年6月3日に死亡し、その妻並びに原告を含む2人の子が相続し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月22日