行政

その他

国交省新任幹部抱負を語る

■国土政策局長 藤井健氏 社会資本整備、収穫期に  昨年8月に国土形成計画の全国計画が閣議決定し、3月には広域地方計画も決まった。藤井健国土政策局長は「最も大きな仕事は、国土形成計画を具体化して実行に移すこと」と話す。国土形成計画は、対流促進型国土の形成とコンパクト+ネットワークを基本コンセプトとした。高齢化と人口減少が進む中で全国の都市が共倒れしないように、それぞれの特色を生かしながら連携し、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月22日