行政

その他

国交省、静岡、大阪、福岡に拡大、不動産総合DB試行運用コストや使い勝手検証

 国土交通省は、横浜市で試行運用している「不動産総合データベース(以下、不動産DB)」を10月1日から静岡、大阪、福岡の3市に拡大する。それぞれ中部、近畿、西日本の各レインズと連携。静岡と福岡は県内でレインズにアクセスできる事業者が、大阪は近畿レインズにアクセスできる事業者が閲覧できる。  横浜市の不動産DBは、物件表示画面に用途地域や都市計画による制限、路線価、ハザードマップなど自治体が保有する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月22日