その他

連載

賃貸の夜明け、リーシングコンサルタント 沖野元、(18)、減らない「おとり広告」、正しい情報伝える努力を

 7月25日付の日本経済新聞夕刊に、賃貸で「おとり広告」が増加しているとの記事が出た。賃貸でのおとり広告とは、成約済みの賃貸物件をインターネット広告で掲載してお客を呼び寄せ、実際に来店した際には別の物件を紹介してそちらで成約させるというものである。当然、広告掲載する物件は周辺の物件よりも間取りや賃料などの条件が良いものとなる。また、記事によると首都圏不動産公正取引協議会が15年度に認知したおとり広 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月15日