不動産流通・売買・仲介, 統計・データ

その他

年収倍率、90年代バブル期並み、東京・神奈川11倍台マンション価格高騰

 東京カンテイがこのほど、マンション価格の年収倍率を公表したところ、2015年の新築マンションは全国平均が7.66倍となって6年連続で拡大し、バブル期の余韻が残る1992年の水準を上回ることがわかった。首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)すべてがそろって10倍を超えたのは初めて。  市場調査部・上席主任研究員の井出武氏は、「物件価格自体は1992年の水準に至っていないが、年収が当時に比べ低くなってい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月15日