開発

その他

,ラグジュアリーホテル続々、“おもてなし”提供、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、美術館のような空間

 2020年の東京オリンピックまで4年を切った。急増するインバウンド宿泊需要を背景に、ホテル事業の開発・投資が盛り上がりを見せている。首都圏では、先陣を切って2つのラグジュアリーホテルが7月に相次いで開業した。三菱地所が進めていた大手町連鎖型都市再生プロジェクト第3次事業「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ、宿泊施設棟」が4月に竣工し、日本旅館「星のや東京」が7月20日にオープン。周辺には ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日