開発, ハウス・住設

特集

【暑中特集 安心・安全な住生活を実現】戸建スマートタウン、災害時に電力自給自足

 昨年末に開催されたCOP21(国際気候変動枠組条約第21回締約国会議)で日本は2030年の温室効果ガス排出量を13年比で26%削減することを公約した。そんな中、環境に配慮した持続可能な都市とされる「スマートタウン」や「エコタウン」での暮らしが注目を集めている。電力自給や、まちぐるみでの防災対策など大手住宅メーカーは、自社のノウハウを投入している。  積水ハウスと宮城県東松島市による官民一体プロジ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日