分譲, マンション管理

特集

【暑中特集 安心・安全な住生活を実現】分譲マンション、継続居住を可能に

 分譲マンションの防災への取り組みが急速に変化している。2011年の東日本大震災を契機に急速に広まった免震・制震といった構造面だけではない。大型マンションでは基準を大幅に上回る非常用発電機を導入したり、水・食料品や工具といった災害用備蓄品をエレベーターを利用しなくても手にできるよう防災備蓄品を分散して中~高層階にも配備するなどの取り組みが広がっている。コミュニティづくりといったソフト面でも各社各様 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日