行政, 不動産流通・売買・仲介, リフォーム・リノベーション

特集

【暑中特集 安心・安全な住生活を実現】中古住宅の不安を軽減、新住生活基本計画空き家活用や改修支援

 少子高齢社会到来による空き家が急増するとともに、消費者にとって中古住宅の品質に対する不安も依然として大きい。今後10年間に手掛ける住宅政策の方向性を示し、今年3月に閣議決定した「新しい住生活基本計画(全国計画)」は、空き家対策や中古住宅流通活性化などに本腰を入れて取り組む施策と数値目標を盛り込んだ。6月には、中古流通で建物状況調査(インスペクション)の活用を促す仕組みを導入した改正宅地建物取引業 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日