開発

その他

大船駅直結の再開発が始動、住宅・商業複合21階建て、東急不が参画

 東急不動産が事業協力者・参加組合員として参画する「大船駅北第二地区第一種市街地再開発事業」は7月25日、横浜市から権利変換計画の認可を受けた。2020年12月の竣工を目指す。  施行区域は、JR東海道線ほか大船駅徒歩1分の約1万7240平方メートル。地上21階地下2階建て延べ約6万5861平方メートルの住宅商業複合施設と駅前広場などを整備する。2階にはペデストリアンデッキを設けて駅と直接アクセス ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日