その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(1101)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、入札41本、5430万円で落札路線価の2倍超、強気の入札、駒込駅4分の古屋付土地18坪

 競落ができる確率の低いこのごろであるが、種々事前調査を施しても、開札なされないことは多くある。その大きな理由が「取り下げ」である。  これは競売開札日の前日までに競売をまさに取下げることができる制度で、いわゆる任意売却成立によって行われる。このほかにも「取り消し」や「停止」といった任意売却以外の理由で開札が行われないこともあるが、そのほとんどが「取り下げ」である。  7月21日開札では23件もの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日