その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(201)不動産の賃貸トラブル(支払督促(2))、相手の意義で通常訴訟に移行、管轄裁判所には注意が必要

 前回は、滞納賃料を回収するための裁判手続として、支払督促手続という制度が用意されていること、そして訴訟に比べて有用な特徴を説明した。今回は、支払督促のデメリットというか、訴訟に比べて「ここはちょっと不便かも」といった部分を説明したい。  支払督促を裁判所に申し立てる際、常に意識しておかねばならないのは(1)どこの裁判所に申し立てなければならないのか(2)その相手方(法律上は「債務者」と言う)から ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日