行政, 開発, 分譲, ハウス・住設

1面トップ

安全・安心まちづくり、コミュニティ形成を意識、シニア向け分譲マンション予防介護・社会参加促す

 3月に閣議決定した「新しい住生活基本計画」で政府は目標に「高齢者が自立して暮らせる住生活の実現」や「住宅地の魅力の維持・向上」を掲げた。いずれも建物の供給だけでは不可能な取り組みだ。コミュニティを意識した開発事業が近年増えているのも、こうした流れとは無関係ではない。限定的な供給にとどまっていたシニア分譲マンション事業への新規参入やシニア住宅を組み込みんだ複合開発、街区をまたいでエネルギーを相互に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年8月1日