分譲

1面トップ

分譲戸建の環境性能高まる、高付加価値で差別化

 「選択基準は立地に尽きる」と言われる分譲戸建は、注文住宅に比べて「環境性能の向上に後れを取っている」とされてきた。しかし最近になって、こうした状況が急速に変化している。分譲を主力とする企業が、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)仕様を相次いで投入したり、認定低炭素住宅といった高付加価値商品の発売が相次いでいる。 ■ZEH認定仕様も続々  ここにきて分譲戸建によるZEH仕様の住宅供給が相 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年7月4日