ハウス・住設

その他

第2四半期営業損失、営業利益が大幅減、日本ハウス

 日本ハウスホールディングスの2016年10月期第2四半期の業績は、売上高123億200万円(前年同月比32.0%減)、営業損失7億2600万円(前年同期1億400万円の黒字)で、減収減益だった。  業績の先行指標である受注残高は、前年同期末比19億1000万円増となった。  同社は、耐震・制震性に優れた住宅の構造・デザイン、高断熱・高気密でエネルギーロスのない省エネ性、「ホームドクターシステム」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日