その他

連載

取引紛争の事例と解決(217)、(一財)不動産適正取引推進機構、契約変更の合意書への実印の押印を強要、測量結果も秘匿され損害賠償を求めたい、買主の賠償請求棄却、実務で役立つ点も多い事例

 契約変更の合意書への実印の押印を強要され、執務を中断させられました。また、購入代金の振込手数料を負担することになり、土地の測量結果も秘匿されていました。媒介業者の担当者に損害賠償を求めています。(X氏、弁護士)  【苦情の内容】  Xは、売主側媒介業者Aの広告で本物件(戸建住宅)を知り、平成24年3月、媒介業者Bを通じてAに購入申込書を提出しました。同年4月12日、Aの担当者Y(宅地建物取引主任 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日