その他

連載

過去問を制するものは宅建を制す、2016主要3分野過去問合格講座[基礎編]

宅建業法、免許の届出・取引士  今回は宅地建物取引士制度について学んでいきましょう。  宅建業者は、その事務所等においては、宅建士を設置しなければなりません。不動産取引の重要な事項については、宅建士が関与いたします。専門的な知識を持つ宅建士を関与させることで、取引の安全を図っているのです。  宅建業者の事務所では、業務に従事する社員の5人に1人以上の割合で、専任(常勤)の宅建士を置く必要があります ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日