その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(1096)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、バブル経済時に投資物件で分譲入札8本、年利回り5.7%で落札、共有持分で分譲した事務所ビル

【6月9日】 ・対象  44物件 ・入札  44物件 ・落札率 100.00% ・総入札 667本  競売不動産には1つの不動産の共有持ち分が対象となる場合も見られる。1つの土地や建物の共有持ち分が競売対象となる場合は、相続分割協議が不調に終わり、競売により換価し、分配するためのものが多い。しかし、6月9日開札では、1つの土地建物を共有持ち分にて分譲したものが競売になったケースがあった。その物件は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日