その他

連載

賃貸の夜明け、リーシングコンサルタント 沖野元、(12)、日米不動産機構のシンポジウム、IT技術活用進む米国

 先週、日米不動産協力機構(JARECO)のシンポジウムに参加した。タイトルは「テクノロジーは近未来の不動産業に何をもたらすのか?」というもので、「リアルエステートテック」という言葉が頻繁に使われていた。これは文字通り「リアルエステート(不動産)」と「テクノロジー(科学技術)」を融合させた言葉である。ここで言うテクノロジーは主にIT技術を指す。シンポジウムの内容は予想通りエキサイティングなものであ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日