不動産投資・資産運用, その他

連載

【HOME’S投資市場マーケット】駅別収益物件利回り、InvestmentFactor、埼玉・千葉県エリア、一棟売り物件、和光や川口、行徳に投資妙味、交通利便の改善で利回り低下懸念も一定の保有・運用向き

 6月は投資物件の価格帯が比較的安価ながら、賃料水準が相対的に良好であるため、平均利回りが9%超と最も高い埼玉県および千葉県の駅ごとに一棟単位の売り物件の表面利回りおよび物件の平均価格と平均月額賃料(想定収益含む)を公表する。  埼玉県、千葉県とも一棟単位で流通している投資物件の価格帯は6800万円前後と大差はないが、埼玉県内の平均賃料が月額約45万円なのに対して、千葉県内では約50万円と10%程 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日