その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(196)滞納家賃督促状送付の注意点、手続きミスの可能性も、高圧的ではトラブルの元に

 賃貸物件の借り主の家賃滞納が発生したときに、一般的に思いつくのが、電話・手紙・訪問による督促である。最近では、ショートメールでの督促も増えてきている。  借り主に滞納家賃の支払いを促すという点では、電話、手紙、訪問、ショートメール、どれも変わりはないが、それぞれ注意すべき点はあり、むやみやたらにやれば、借り主から必ず手痛いしっぺ返しをくらう。  例えば、手紙(督促状)である。まず文面だが、命令口 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日