その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、海外視察

 海外旅行は視野を広めるという意味では、ものすごく効果があります。明治の初めに岩倉使節団が2年間も海外へ視察に行きました。当時の国のリーダーたちが国内政治を放っておいて、よくそんなに長い間行ってこられたものだと心底驚かされます。明治の人たちは余程肝っ玉がすわっていたのに違いありません。仮に中小企業の社長が2年間も社業をほっぽり出してヨソへ行っていたら、間違いなく会社はなくなっているはずです。  さ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日