団体

その他

定時総会開催、予算案を承認、山梨宅協

 山梨県宅地建物取引業協会(市川三千雄会長)は11日、アピオ甲府で定時総会を開き、事業計画と予算案を承認した。  市川会長は、熊本地震の被災者へ向け「7000戸の民間賃貸住宅を確保した」と報告し、あわせて「山梨県内の16市町との空き家バンク協定に続き、昨年5月には『富士吉田市空き家・空き店舗バンク事業』、今年3月には『富士川町空き店舗バンク制度』の媒介に関する協定を締結した」と空き家バンク事業の進 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日