行政

その他

宿泊拒否制限を緩和、旅館業法営業許可基準も見直し

 厚生労働省は、民泊新法の策定に合わせて、旅館業法の規制などを見直す。  現行法では、伝染病を患っていたり賭博などの違法行為や風紀を乱すおそれがある場合などを除いて宿泊者を拒否できないと定めている。不当な差別的取り扱いにならないような仕組みを整備した上で、宿泊者を拒否できるように宿泊拒否制限を変更する。  営業許可基準も見直す方向性を示した。現行では、旅館は客室数5室以上で客室面積は7平方メートル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日