開発

その他

日神不動産が中期経営計画、ストック事業本格参入4年後売上高1000億円

 日神不動産は20年3月期を最終年度とするグループでの4カ年の中期経営計画を策定した。  少子高齢化の進行により、マンションの新規分譲事業の安定的な拡大が困難となることを想定。基本方針にマンション分譲・建設・不動産管理・不動産証券化の各事業を4本柱と位置付け、拡大成長を図る。総合不動産としての価値向上に努め、外部の環境変化の影響を受けない体質を目指す。  売り上げの安定的な拡大とともに、ストックビ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月27日