その他

連載

先端を読む(445)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、環境の良さ満喫の大規模マンション、積水ハウス「グランドメゾン江古田の杜」、設備は最新、収納にも光る工夫

 グランドメゾン江古田の杜(積水ハウス)は、全531戸の大規模マンション。建物は地上15階建て(建築基準法上は地上14階地下1階建て)までで、板状。都心部において、超高層ではなく、全531戸という規模は希少だ。  それが実現したのは、中野区内で約3万9500平方メートルという広大な土地を得て、住宅・医療施設・子育て施設一体の複合開発「江古田の杜」計画の一部として誕生するからだ。  建設地は緑の多い ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月20日