資格・試験

連載

過去問を制するものは宅建を制す、2016主要3分野過去問合格講座[基礎編]

宅建業法、用語の定義・免許基準 ■業者免許の基準  業者免許の基準については頻出事項ですので、しっかりと整理して覚えておくことが大切です。  高額の不動産を扱うという業務の性質もあり、宅建業者の免許基準は厳しいものとなっております。しかし、宅建士になるときのように、試験はありません。「信用調査」であるということですね。  免許の欠格事由として、民法(権利関係科目)で出てくる成年被後見人、被保佐人及 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月20日