賃貸管理

その他

賃貸住宅新潮流、”グレー民泊”曲がり角、物件数増加で収益率下落、自治体、民間が違法物件監視強化

 これまで高い収益を上げ注目されてきた“グレー民泊”が曲がり角を迎えている。エアビーアンドビーなど仲介サイトを利用したものは「通常の賃貸住宅として貸すより4倍儲かる」(大手賃貸仲介社長)などとされてきたが、登録物件のほとんどが旅館業法に抵触するとして問題視され始めた上に、物件数が増えたため収益率も落ちている。 ■物件数1年で4倍に  日本賃貸住宅管理協会サブリース事業者協議会は3日、「民泊がサブ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月20日