その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾、124、コンサル料は譲渡費用か、直接かつ通常必要と認められる費用かで判断

 個人が土地などの不動産を譲渡した場合には、売却代金から取得費と譲渡費用を控除した金額に対して税金が課せられる。今回は、共同住宅の敷地の用に供されている土地を譲渡した際に、親族が経営する不動産仲介業者を営む法人A社に支払ったコンサルタント料が譲渡費用として認められなかった裁決事例(平成26年6月4日裁決)を紹介する。 【概要】  ・請求人は、共同住宅と土地を所有していたが、更地にした後に土地をB社 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月20日