その他

連載

コラムで丸わかり、不動産の基本を学ぶ、不動産コンサルタント畑中学、27、価格査定に欠かせない『建物の評価』、省エネ住宅の涼しさ体験を、築年は参考、知識が必要に

 価格査定において建物を正確に評価するスキルが必要になってきている。その視点は2つある。  まず、中古建物を利用するためというのが1つ目の視点。これはもう当たり前になりつつあるので説明は不要かもしれない。  かつては築年数20年を経過すると建物価値はゼロ円という査定手法が圧倒的に多かったが、中古建物をリノベーションで使う、というスタイルが認知されてからは建物が中古であっても使えるならそれは評価しま ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月20日