行政

その他

瑕疵保険制度見直し、破綻時の消費者保護検討

 住宅瑕疵担保履行法の見直しに向けた検討を進める国土交通省は15日、住宅瑕疵担保履行制度の新たな展開に向けた研究委員会を開き、瑕疵保険会社が破綻した際の消費者保護の仕組みなどを検討した。同法は2009年10月に完全施行してから10年を迎えるのを機に、現状に合わせた見直しを実施するとしている。  事務局を務める国交省は、損害保険会社の破綻事例を取り上げ、保険会社が破綻し、その契約を引き継ぐ救済会社が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月20日