団体

その他

不動産学会がシンポジウム、民泊テーマに賛否両論

 日本不動産学会と住宅金融支援機構は3日、すまい・るホールで今年度の全国大会シンポジウムを開催した。  同シンポジウムは、国交省や不動産業界団体などが後援し「グローバル都市と不動産・住宅の短中期利用」をテーマに行われた。第1部は、日本総合研究所の高橋進理事長が「アベノミクスセカンドステージ―ストック活用社会に向けて」と題して基調講演を行った。高橋氏は「中国や欧米など海外環境が大きく変化してきた昨今 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日