不動産流通・売買・仲介, 統計・データ

その他

投資エリアFocus、八千代・佐倉、安定利回りが魅力、街の発展期待で人口流入

 アベノミクスが発動され3年半の成果としての地価上昇は資産デフレ脱却に向けたシグナルだとして注目を浴び、東京都心など大都市部の不動産価格は急騰している。マイナス金利を受け局地的なバブル発生が懸念され、個人投資家は慎重な姿勢に傾いている。特にサラリーマン大家を目指す投資家は高い利回りを得にくい現状に投資先の選別に頭を悩ます。だが、そうした中でも安定した利回りで資産を作り上げるのに適したエリアは少なく ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日