不動産流通・売買・仲介

その他

野村不アーバン投資家意識調査、「買い機会待つ」増加、マイナス金利「変化なし」

 野村不動産アーバンネットが8日に「不動産投資に関する意識調査」をまとめたところ、投資用物件は「買い時だと思う」(32.7%)と「間もなく買い時が来ると思う」(21.3%)を合わせて54%と半数を超えたが、前回調査(15年5月)から2.3ポイント下落した。ただ、「間もなく買い時が来ると思う」の回答だけ見ると、前回調査に比べて5.1ポイント増加している。  向こう1年の不動産価格の予測については、「 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日