その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(1094)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、新小岩のマンションは2.24倍競売市場の過熱ぶり表す競落、高い売却基準価額への上乗せ率

 競売市場の活性度を見る上で指標となるのが競落1物件あたりの入札本数であるが、これは5月24日開札では16.6本で過去最高水準である。  さらに先週号の本欄でも紹介したとおり、競落価格の売却基準価額への上乗せ率も大きくなっている。非常に高い上乗せ率はビルなど、土地付建物に多く見られるが、マンションに関しても高い上乗せ率に驚かされる。  5月24日開札では、JR総武本線「新小岩」駅徒歩約19分に立地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日