ハウス・住設

特集

【環境月間特集】スマートハウス、開発競争ヒートアップ、国の目標を早期に達成、20年に全住戸をZEHに

 今年に入りスマートハウスの開発競争が一段とヒートアップしてきた。昨年開催されたCOP21(国際気候変動枠組条約第21回締約国会議)で日本は2030年の温室効果ガス排出量を13年比で26%削減することを公約した。この目標達成のために家庭部門の排出量の大幅削減が必要とされており、ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)化を進める方針だ。こうした動きを受けてZEH開発競争が一段と活発化してきた。ZEH ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日