行政

その他

国土交通省が発表、証券化6年ぶり減少、2015年度実績総額5.4兆円、証券化対象不動産の取得実績推移

 国土交通省は、2015年度内に不動産証券化の対象として取得された不動産または信託受益権は約5兆4000円で前年度より2.6%減少し、件数は1069件で同13.2%少なくなったと発表した。前年度を下回るのは6年ぶりとなる。  証券化された資産のうち約3.3兆円は証券化ビークルなどが取得したもので、証券化ビークルなどが譲渡した資産額は約5.7兆円だった。  スキーム別で見ると、リートが約2.1兆円で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日