その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(194)遊休地の処分は早めに検討が必要、だれでも相続税の時代に、相続後の売却は繰り返し課税

 「相続増税」などの言葉を、当たり前のように目にするようになった。  相続税法の改正により、2015年から相続税を計算する際の基礎控除が、従来「5000万円+1000万円×法定相続人」だったものが、「3000万円+600万円×法定相続人の数」に変更になり6割まで縮小された。これによって課税対象者が増加したことや、税率構造の変更、最高税率の引き上げにより課税対象者の納税額が上がったりしたことが背景に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日