その他

連載

コラムで丸わかり、不動産の基本を学ぶ、不動産コンサルタント畑中学、26、「家を見て家を診ず」ではいけない、経験者が陥る「売れる金額」、担当者の信頼が契約獲得に

 「家を見て家を診ず」ではいけない。  不動産の査定では鉄則である。ようは売り主の話を聞かず、かつ不動産を真剣に見ずに査定をしてはならないということである。また見てもさらっと程度でしっかりと診ないのもご法度。結局は媒介契約につながることは少ない。家を見ても診ずではいけないと思う。  たとえばマンションの場合、査定に来たと思うと、ほぼ不動産を見ずに査定書をおもむろに出して、「相場からはこの金額で、他 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日