行政

その他

建設業立入り検査、15年度は815回実施、国交省

 国土交通省は2015年度の建設業法順守推進本部の活動結果をまとめ、立ち入り検査を815回実施したことを発表した。前年度は877回だった。  監督処分・勧告の実施状況では、虚偽申請による許可取消が1件あった。独占禁止法違反や無許可業者との下請契約、一括下請け負いなどによる営業停止が22件、指示が10件、勧告が261件だった。  16年度は、横浜市のマンションでの基礎ぐい工事問題の発生を受けて策定し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日