行政

その他

改正FIT法、太陽光発電で未稼働対策、入札制で買取り価格低減

 電力の固定価格買取制度の見直しなどを盛り込んだ改正再生可能エネルギー特別措置法(FIT法)が3日に公布された。施行は一部を除き2016年4月1日。  改正FIT法は、FIT認定量の約9割を事業用太陽光が占めるため、ほかのエネルギーとのバランスを取ることや、約2.3兆円に達すると見込まれる買取費用の国民負担抑制、効率的な電力の取り引き・流通の実現が目的。  15年12月末時点で、認定済み未稼働案件 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日