分譲, 賃貸管理, ハウス・住設

その他

消費増税再延期の影響、建築請負業は好感、駆け込み後の反落回避で

 2017年4月に予定していた消費税率10%への引き上げが19年10月に2年間先送りすることが決まった。住宅・不動産業界にとっては駆け込み需要がなくなる一方で、増税後の反落もなくなるなど影響は一長一短が考えられる。各社に考えられる影響を聞いた。  14年4月の消費増税時に最も影響を受けたのは住宅メーカーだった。緩和措置期限の13年9月の受注は各社前年同月比30~70%など大幅に増えたが、同10月に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日