不動産流通・売買・仲介

その他

野村総研、30年に既存流通34万戸、市場予測空き家率30.4%に

 野村総合研究所は7日、昨年から2030年までの既存住宅の流通量が34万戸に増加するとの予測を発表した。2000年から15年までの各年における住宅購入者(25~59歳の男女9204人)を対象に調査したところ、既存住宅を購入した世帯の比率は05年の18%から15年29%に増加。この傾向が今年以降も続くと仮定すると、既存住宅は25年に31万戸、30年に34万戸になる見通し。  18~33年までの空き家 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日