不動産流通・売買・仲介

1面トップ

瑕疵住宅の流通ゼロへ、インスペクションへの期待高まる、安心・安全の裏付け

 少子高齢化に伴う人口減少の本格化を受け、中古住宅の流通活性化に向けた動きが加速する。積み上げられた住宅ストックをいかに活用するかが不動産各社の今後のメーン事業となる。国も本腰を入れた。中古住宅流通を活性化するために建物の状況把握するインスペクションの利用を広げ、瑕疵担保保険への加入を増やすことなどを目的とした宅地建物取引業法の改正が後押しする。同法は、媒介契約時に売り主と買い主にインスペクション ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月13日