開発

その他

虎ノ門ワールドゲートで、森トラスト、伝統工法を採用、巨木クスノキ、都心を移動

 森トラストは、虎ノ門四丁目で進めている国家戦略特区認定事業「虎ノ門トラストシティワールドゲート」の計画地内で高さ18メートルの巨木・クスノキの移設工事を進めている。江戸時代からの伝統技術である『立曳き工法』を採用し、巨木の形を保ったまま敷地内を移動している。  既存樹の移設は、クレーン工法が一般的だが、枝を払い移植するため樹形が変わり樹木に与える影響が大きい。土壌ごと移設する重機工法もあるが巨木 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月6日