ハウス・住設

その他

レノバと業務提携契約、住友林業再生可能エネルギー事業

 住友林業とレノバ(東京都千代田区、木南陽介社長)は、レノバが第三者割当増資により発行する普通株式を住友林業が引き受けることで合意し、5月24日付で株式引受契約および再生可能エネルギー事業にかかる業務提携契約を締結した。出資額は約10億円で、第三者割当増資後、住友林業はレノバの創業メンバーに次ぐ最大株主となる。  レノバは再生可能エネルギー発電所(メガソーラー、風力、バイオマス、地熱)を開発・運営 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月6日