資格・試験

連載

過去問を制するものは宅建を制す、2016主要3分野過去問合格講座6主要3分野過去問合格講座[基礎編]、担保責任、保証債務・連帯保証

1.売主の瑕疵担保責任とは  例えば建物の売買契約を締結すると、売主にはその建物を引き渡す義務が発生し、買主には代金を支払う義務が発生します。買主は、最終的には代金を全額きっちり支払うのですから、売主側の責務としては、代金に見合ったきちんとした状態で目的物を引き渡さなければなりません。建物の土台が腐っていたとか、シロアリに喰われていたとか、そのような瑕疵(隠れた瑕疵)があった場合に“誰が責任とるの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月6日