その他

連載

実録 鑑定の現場から、不動産鑑定士・海老沼事務所代表・海老沼 利幸、(94)、土地は「建付地」より「更地」が高い、当たり前の話も説明が重要

 土地の価格について、「更地価格」が「建付地の価格」よりもなぜ高いのが原則論なのか、基本的なことを紹介します。  鑑定では、その不動産が最有効使用の状態にある場合に価格が高くなる大原則論があります。「更地価格」が高い前提は、例えば土地価格が1000万円、建物価格が1000万円で、計2000万円の不動産があったとします。この場合に、更地価格が2000万円以上になることではなく、土地の部分が、この例で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月6日