その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(1093)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、売却基準価額の5倍超で競落引渡命令対象で高い上乗せ率、人気の東横線の駅至近の商業地

 競売の落札価格は、不良債権担保の任意売却不動産よりも価格が高くなる場合がある。それは競売ゆえに、占有排除が法的に行える安心感があるからである。  5月24日開札では、東急東横線「学芸大学」駅徒歩約2分に立地する店舗事務所に大量65本の入札があった。この物件の土地は駅の出口から真っ直ぐの通り(幅員約5.4メートル)に面し、かつ角地(側方道路幅員約6.1メートル)という好立地である。  土地面積は1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月6日