賃貸管理, 不動産投資・資産運用

空き家になった実家を、“プラス財産”に転換、長期安定の賃貸物件に

 相続とひとことで言っても現金や預貯金はもちろん、有価証券、事業用財産のほか、いわゆる不動産である土地、建物が対象になる。日本では相続財産の約半分が不動産であり、相続時にもめることも多い。不動産相続について考えても「どのように活用したらよいか」「資金の準備方法は?」など、疑問や不安がつきまとう。そこで力強い味方となるのが土地活用や税務、法務などの専門家のサポートだ。2015年1月の相続税法改正に伴 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月6日